必威体育手机app▎官网

图片

建築と

デザインで

未来をつくる

共立女子大学 建築?デザイン学部 ロゴ

2023年4月 設置予定 ※設置する学部の内容等は予定であり、
変更される場合があります。

永く使われ続ける「空間」や「モノ」を創造するために。 永く使われ続ける「空間」や「モノ」を創造するために。

環境、経済、教育、ジェンダー… SDGs に象徴されるさまざまな課題の解決が求められ、
建築やデザインの力がこれまで以上に必要とされる現代、
建築とデザインが融合した日本初の学部「建築?デザイン学部」が共立女子大学に誕生します。
その大きな特徴は、“ 美術の視点 ” で空間やモノをとらえること。
どこまでも使いやすいユーザビリティ、永く使われ続 けるサステナビリティ、
多様な価値観を受け止められるダイバーシティも美しさの大切な要素です。
それを周囲と協働しながら具現化し、課題を解決する。そうした社会貢献する力を育む学びにもご注目ください。

建築コース

時代に合った「空間」「モノ」「まち」を創造。人間や環境を理解し、美術センスと技術を磨き、それらを統合化する力を修得する。

建築分野
建築の設計を中心に、
それをとりまく周辺の領域について学修
インテリア分野
インテリアデザインを中心に、
空間やライフスタイルについて学修
まちづくり分野
まちづくりを中心に、
文化や手法など、とりまく領域について学修

デザインコース

豊富な演習を通してデザインを学ぶ。グラフィックとプロダクトの2分野で、人が生きていくために必要な場を豊かにするアイデアを形にする力を修得する。

グラフィック分野
グラフィックデザインを中心に、メッセージや情報を伝える広告?WEB?映像について学修
プロダクト分野
産業に関わる生産品や生活に関わる日用品の
企画、デザインおよびクラフトを中心に学修

Concept movie

Features

  • 東京駅まで徒歩18分

    まち歩きも貴重な学びの時間に

    大手町や丸の内といった日本のビジネス界の中枢部に近い都心のキャンパスだから、日本経済の最新の動きを感じとることができます。一歩外に出れば、歴史的建造物、最先端の高層ビル、美術館、ミュージアム、老舗店舗…多様な建築やデザインがあふれています。また、学内には新たにクリエーションスタジオを設置予定。じっくり集中して取り組む個々の創作活動をサポートします。

    まち歩きも貴重な学びの時間に

  • 地域社会との連携、社会貢献を重視

    実践力を養う課題解決型授業

    「空間」「モノ」は、デザインする人、それを実際に作る人、使う人など、さまざまな人の働きがあって完成します。そこで、他者と協働するためのスキルを学ぶ課題解決型授業を展開。この中には、「神保町の活性化を目的にデザインを提案?発表する」など地域社会と連携し、建築?デザインを手段として課題を解決する力を身につける、実践的な学びの場が豊富にあります。
    ( 写真は建築?デザイン学科考案の地域応援キャラクター「じんぼうチョウ」)

    実践力を養う課題解決型授業

知ってほしい、
共立女子大学の3つの特色

都心にある
キャンパス

全員が
「リーダーシップ」
を学ぶ

女子大ならではの
面倒見の良さ